忍者ブログ
まったり~の(´ー`)語り~の
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新CM
[09/06 雪崩]
[05/01 モルジブ]
[04/21 MM]
[04/20 モルジブ]
[04/07 MM]
最新TB
プロフィール
HN:
Morning_moon(別名:M@NGO)
性別:
男性
職業:
自動車関連の設計士
趣味:
川ロボ・ロボフト・自転車・ドライブ
自己紹介:
Morning_moon:HN
M@NGO:川ロボ界の通り名
mail:morning_moon1あっとhotmail.com
ブログ内検索
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



足の形が見えてきました。
とある4足の知的戦車に似てしまうのは機能上避けられぬ運命ってことで。

色はきっと...青系かなぁw^^;

先日までは「ローラーダッシュと足を切り替え可能」で考えていたけど、別々に操作ができるならムーンウォークができるんだよなぁ...

操作系とか、そういう設計前の基本設定は大事だよね。

まぁ、動力源を別にしておけば、後でいくらでも応用は効くか...


とりあえず悩むのは、足先のローラーにどこまでこだわるか。
理想はゴムタイヤにしたいけど、足を軽く薄くシンプルにするならギアでそのまま走る...になってしまう。
場所次第で車輪を交換したりしたいジャン。
プレミアムだしぃ。
PR
もはやタラちゃんについては忘却の彼方...なMM独り言の続き。


初期可動時はノーマルな130モーターで半年くらいは動かしたのかなぁ。
その後、
 バッテリーを充電池にしたい
 →電圧7.2Vの方が何かと都合がよい
 →モーター焼けるんじゃね?

ってな話になって、プラズマダッシュを買ったいきさつがある。
高出力を求める...というよりは、高電圧に対応させたいといったところ。

実際のところ、スピードは1.5~2倍くらいにはなってたと思うが、
これは歩くというよりは走るに近い感じで、
見た目の玩具としてはノーマルのほうがスピードが丁度良かった記憶がある。



尚、当時使っていたのはツインモーターギアボックスの203:1の方
今買うならダブルギアボックスの方がギアが断然丈夫でいいので、
減速比としては344:1となる。

タラちゃんつくるのに最適速度にするなら、
案外プラズマダッシュで7.2Vくらいの方がいいのかもしれない。

便利なリポだと小型2Sの7.4Vくらいか。あー持ってる持ってるw



ヤドカリは殻が微妙なので、引き続きタラちゃんにて検討。
タチコマ風ローラーダッシュさせたいとなると、
足との動力切り替え構造はいくつか考えられるが、そこはあくまでToy ROBOですから。

有線リモコンにスイッチを追加して、スティックの出力先を切り替えるのが一番楽だろうな。

移動は縦スティックのみ。
歩行もローラーダッシュも操作は変わらない...ってな方がなじみやすいし。

切り替えてる最中はLED光らせるなど、
見た目で分かる表現があるといいかもね。

だいたい子供が喜ぶモノといえば
 ・動く
 ・光る
 ・音が鳴る

...あ......音が無いなぁ。......ガシャガシャ音?w(^^;
なつかしのトルクリミッター発見

写真のクラッチギアってやつだな。
写真にある緑のギアがこれにあたる。

tara.jpg







タミヤのギアボックスシリーズ・リニューアル後ではギアが強度UPしてる為か、見かけなくなっている。他ではなかなか見つからないだろうなぁ。

クラッチギア取る為だけに700円はちと高い気がするが...4chで2800円!?うん馬鹿高っ。
 
白鰐さんより、アルミ製タラちゃんの試作モデルを見せてもらった。
(写真無くてスマソ。あとで鰐ブログに写真UPたのむ!)
懐かしさと記憶以上にアルミでできていることのかっこ良さと作った根性に、ちょっと感激。


尚、タラちゃんとは、8年以上前の学生時代に作成した
チェビシェフリンク式のタランチュラ型ロボットである。
設計製作合わせて2WEEK。ほぼ全てABS製。足ユニットだけ。
(ノーメンテ可動期間...3年くらい?の壊れないが代名詞なロボ)
tara.jpg





















写真は第一回参加時ブレイブのもの。
普段は有線がメインのマシン。


当時はmini-CNC(とはいっても今ほど加工性能よくない)で作っており、
学生時代としては十分すぎる完成度だったとおもう。偶然だが、いい動きしてた。

でも今の技術なら、写真を遥かに越える完成度の「おもちゃ」が作れるはずである。、



そう、今の技術なら...それこそ某おもちゃメーカーが欲しがるような...そんなものが作れるはず。

そんなこんなで今週は、
思いに共感した白鰐・divide・MMの3人で、
5月藤沢に向けておもちゃ作る話で盛り上がっていました。


*** 第1回 やまだーん塾・Toy ROBO Battle(仮) ***

競技内容
 藤沢イベント等にて子供達に自作したをそれぞれ渡し,お菓子取りゲーム等をやってもらう。
 一番気に入ったものをアンケート集計し、ポイント高い人が勝ち!
 詳細は別途。リングは平地

競技規格(仮)
 ・足機構を用いたロボ。もしくはそう見えるロボ。(足だと分かりやすいこと)
 ・足は130系モーター推奨。(プラズマダッシュ等も含む)
  他を使う場合は空気読んで子供に貸せるレベルの出力で選定すること。
 ・サイズは200×200×200を目安に。はみ出し可。
  収納しやすいサイズであれば、超えても基本OK。
 ・有線推奨(子供が線を引っ張ってロボを手繰り寄せることができる)
 ・材料費・部品費等のコスト抑えて、塾での量産性を高く。
  (NC加工費がゼロであることのメリットを最大限発揮)
 ・電圧は、モーターから煙が出ないレベルで。
 ・足にトルクリミッター推奨。耐久性高く作る。

*********************************

...と、そんなこんなで話だけ盛り上がってルールまでザックリ決まってしまったわけだが、
一体何処まで本気だろうw

現状構想
 鰐・・・タランチュラ型、アルミ製タラちゃんの改良機
 divide・・・百足型

...で自分、何つくるか迷っていたわけで。案としては

 1)タラちゃん復刻版+タチコマ風車輪走行機能の追加
 2)黒ドラゴン復刻版(ステアリング無し)+可動部追加
 3)ヤドカリ型(ダイオウザザミ風)

1)、2)ならほぼ経験値が生かせるわけで意外と楽だろう。
しかし今惹かれているのは3)だったり。

e5936604.jpg
























まぁ構想はあるし動きは問題ないのだが....殻をどうやってつくるかなぁ(^^;

某ブレイブの参加機体である王蟲を思い出す...FRPに挑戦してみるもの面白いかもしれない。
...んま、量産性ないんだよねソレは。


さて何がいいだろうか...そんな話を兵庫の某異常百足研究家の人(燐の中の人)と話してたらすごい一言をいただいた。





「ウ〇コの貯金箱がどっかに売ってたはずだ!子供喜ぶぞ」

それ、あんまり製作者であることを主張したくないなぁ。(=w=;
長らくブログ管理パスワードを忘れていましたMMですコンバンハ。

ええ。何度更新したくてもできなかったことか…
パスワードなんて変えるものじゃありませんね(汗)



先週のKHK杯は実家帰る用事があったので参加できず。
本日の慶應は…仕事疲れより寝過ごしましたw(まぁ申しこんで無かったし)

とりあえず明日の東京工科は、動く状態のロボ持って遊びに行くと思われ。
近いし。(約5km)

まぁ、ロボ自体は本大会時の応急処置から何も変えてないんですがね。
(正直、ロッドが壊れた状態で練習しても…ねぇ。)



さてさて、腕の怪我から2ヶ月。
先週の段階では重い荷物等の作業は避けていたけど、
今週はだいぶ調子がいい様子。

様子見はしておくか、もう完全復帰で問題ないかな。

一番きつかった自転車ブレーキを引く作業も問題ないみたい。
10月からまた体力取り戻さないと。
ひと夏が終わり、川ロボ大会も無事終了。
関係者も見学者もお疲れ様です。

こう毎年続けてると、
やっぱ夏を感じる祭りって感じでいいですよね!

今年は腕の不調もあって、いろんな人に助けられました。
その甲斐あって、悔いの残らないレベルで全力が出せたので満足です。
今年も皆勤賞です。

手伝ってくれた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
THANK YOU!!
s-IMG_0629.jpg








そして結果。4位

s-IMG_0707.jpg








去年のような"獲得賞金4位"とか、そういう誤魔化しじゃない、久々の4位。
7割ぐらいは素直に嬉しいかな。


残りの3割は...結構期待していた
 燐
 団地妻外出中
 やまだーん
 φ成
の活躍があまり見れなかったことかな。

****************************************************

そしてまた思うこと。

今年は久々に本気で勝ちを取りに行ったのだが...
4位の壁って、なかなか越えられないねぇ。(´д`;

ってかK314のハートマン教官が強すぎる説も...

ただし、操縦システムは間違いなく向上している。6EXの恩恵で。
その所為もあって、かなりスピードに物足りなさを感じてはいた。

今ならワンランク上のスピードにしてもいいかもしれない。

****************************************************

今後の川ロボについては...
以前告知したとおり、現行機から大きく変える予定は無く。
突貫工事で作った割にはレイアウトも気に入ってはいるが
如何せん整備性が悪い。

ロッドのギアが壊れるのは別にいいのだが、
その交換に3時間ぐらい掛かるのは頂けない。試合の合間に交換できない。

なので来年までに時間があれば、フレームの作り変えぐらいはする予定。
デザイン変える予定も特に無いので、やるならせいぜいロボフトの後かな。


また、引退宣言したミコミコから暴食(グラトニー)リンクを引き継いだので、
ここらでタイヤ足に換装するのも悪くないかもしれない。
2枚足になるから前足のグリップ向上にはなる。
BACKへの切り替えしがクイックになるので、きっとフェイントが鋭くなるよ。

ただし、単純に実施すると山に弱くなるので、すこしサイズUPが必要になるかもしれない。

****************************************************

木・金休日シフトは今月一杯で終了。
この時期でないと出来ないことを考えていたが、
フレーム作り変えるなら白銅に7075板を買いにいくのがベストかもしれない。
(でも左腕が痛いのよね。)
 
...を見に行けない組のMMですこんにちわ。

会社の方に避けられない用事があったものの、なんとか午前中で済ませたので
今からでも行けるが....今から行ってもおわり時かな(^^;


そういえば昨日抽選会が行われていたらしいが
仕事明け寝てる合間に時間が過ぎてしまい欠席。


...まぁ、ここ10年くらい自分でクジ引いてないし(マテ
神楽の中の人より公式ページUP情報を聞きつけ、とりあえず確認。 M@NGO!はC-10

なんというか...一回戦が理科大っていうのが気にはなるところ。
それなりに実績あるところだし、足回りしっかりしていると考えると
スピードで引っ掻き回すのは無理なんだろうな。さてどうしよう。


どっかのコードギアスみたいにチェス的な戦略があればよいが、
川ロボ的には「勝敗を決するのは戦略ではなく戦術」なので。
K314みたいな日々の鍛錬のほうが大事なんだろうな。あとはメンテとか。




じゃぁその辺M@NGOはどうなのかというと...

最近からっきしプロポ触ってない。






どうイメージトレーニングしてもリングアウトしている自分のビジョンが浮かぶんだよ。




そしてずっと放置していたが、最大の問題が残されている。









当日会社休めるかなぁ~?(==; 8月は休日が土日→木金に変わってるんだぜ
© [ BLUE MIRAGE - bm-grass ] 忍者ブログ [PR]